2009 「殿山ビギナーズ・トーナメント」レポート  3/2(月)〜4(水)

一部開通です。ただいま完成に向け頑張っています。
結果速報です。

第27回大会入賞の皆さん
(後列左から)3位中村・野路組、準優勝光岡・畑山組、花沢大会競技委員長、4位山本・川久保組
(前列)優勝橋本・池田組、

優勝橋本・池田組

                 


準優勝光岡・畑山組
  【決勝戦のレポート】
光岡・畑山(八千代スマッシュ)5−8橋本・池田(ローズヒル・習志野台)
 
決勝戦が始まる頃には、霧雨から小雨に変わり始め
コートコンディションは悪くなる一方だが、両ペアとも高い集中力でいいプレーが続く。

光岡・畑山組は、サーブやストロークにパワーがあり、雁行をしながら強打していくタイプ。
ブレーク・キープ・ブレークと一気に3−0になる。出足好調だ。

橋本・池田組はネットプレー主体で並行陣のゲームスタイル。
序盤は相手パワーに押されて、リズムがつかめなかったが、
4ゲーム目の畑山さんで、リターンを上手くコントロールでき、ラブゲームでブレークし、1−3になる。

5ゲームでは、畑山さんのアングルボレーがよく決まりブレークで4−1になる。
「雁行陣で強打」VS「並行陣のネットプレー」、
お互いの持ち味を発揮する形でゲームが進行する。

橋本・池田組の体が動き始め、ネットプレーがきびきびしてきた。
足元とロブの揺さぶりをかける。ポーチを決める。
流れに乗り、一気に4ゲーム連取し、5−4と逆転する。

  次の、光岡さんのサービスゲームでは、ペアの畑山さんの
ドロップボレーが冴えて、キープし5−5になる。

終盤、小雨で足元が不安な中でも、良く動き強気なプレーを
続けた橋本・池田組がマッチポイントを迎える。
最後は当たり損ねがエースとなる運も味方し、8−5で優勝した。

準決勝がタイブレークの激戦だった光岡・畑山組は、
心身の疲れがあったのか、終盤の3ゲームが頑張りきれなかった。
      

3位中村・野路組


4位山本・川久保組